? 子ども日本語教室
子ども日本語教室イメージ

子ども日本語教室とは (日本語)

子ども日本語センターは、日本語を母語としない外国にルーツを持つ10才以上の子どもと若者のための教室です。

主に不就学の子どもや、学校へ通うことに困難を感じている子どもたちが、日本語の力を高め、学校で元気に楽しく勉強することができるようサポートします。

子ども日本語センターでの学習は、全て専門家および経験豊かな教師による指導です。また、専任の多文化コーディネーターが学校や関係諸機関との連携・情報共有の他、家庭訪問、進路相談などを担当し、子どもたちを取り巻く環境整備に努めています。

子ども日本語教室のサポート

子ども日本語教室では、不就学・不登校状態に陥っている外国にルーツを持つ子どもの発見から出口まで、子ども1人ひとりのニーズに基づいたトータルなサポートを行っています。

子ども日本語教室のサポートはすべて無料です

日本語教育 専門の日本語教師による体系的な指導です。
教科学習 数学、英語や理科などの教科をレベル別に学習。
専任の教科指導員およびボランティアによる少人数・個別学習です。
キャリア支援 高校受験や夜間中学への編転入を支援します。
夏休みや冬休みに講習を実施します。
自立学習訓練 宿題や苦手な科目やわからない箇所を自分で学習できるよう訓練します。
学校適応、進路支援、悩み事相談 子どもたちが日本で直面する様々な困難を共に解決し、日本で楽しく学び、生活できるように支援します

子ども日本語教室のカリキュラム

子ども日本語教室では日本語のレベルや基礎学力、ニーズをもとに個別カリキュラムを作成し子どもたち1人ひとりの成長をサポートしています。

【午後のクラス】

来日して間もないお子さんや不登校・不就学のお子さん、夜間中学校に通い高校進学を希望するお子さんなどが対象となります

クラス名レベルクラス日時備考
プレクラス日本語初級
ひらがな・カタカナの読み書きができない。日本語の会話がほとんどできないレベル。
月曜日〜金曜日
13:10〜16:00
(40分×4コマ)
水曜日は隔週でお休み
■自宅や学校から子ども日本語教室まで送迎があります。
■公立小・中学校へ在籍しているお子さんは、子ども日本語教室の学習が在籍学校で出席として扱われるよう学校と調整します。
■10歳以上の青少年が対象です。詳しくは、お問い合わせください。
ステップクラス日本語初中級〜中級
ひらがな・カタカナ、簡単な漢字の読み書きができる。日本語で簡単な会話ができるレベル

【夕方のクラス】

午後のクラスでサポートを受け、公立学校へ通えるようになったがまだ日本語のサポートを必要とするお子さんや午後のクラスに通うことができないお子さんなどが対象となります

クラス名レベルクラス日時備考
チャレンジクラス日本語初中級〜中級
ひらがな、カタカナ、簡単な漢字の読み書きができる。日本語で簡単な会話ができるレベル。
月〜金
16:30〜18:20
(20分×1コマ、40分×2コマ)
水曜日は隔週でお休み
■送迎はありません。
■教科学習内容は主に中学生向けです。
■主に12歳以上の青少年が対象です。
ジャンプクラス日本語中級〜
日本的な漢字の読み書きが可能。日本語の日常会話には困らないが、教科の学習に困難を抱える

入所までの流れ

*お申し込みをされた場合でも、定員やお子さんの日本語のレベル、学習環境等により入所ができない場合もあります。詳しくは多文化コーディネーターへお問い合わせください

1.教室へ電話で連絡予約なく教室にいらっしゃった場合は、十分な対応ができかねますので必ず電話で事前の予約をお願いします。
2.予約日時に来所多文化コーディネーターと面談。お子さんと来所された場合は、お子さんにプレイスメントテストを受けていただきます。
3.入所決定後日、クラスと勉強日時をお知らせします。
すでに公立の学校へ在籍しているお子さんは学校と調整後、クラスと勉強日時をお知らせします。
4.サポート開始教室をお休みする場合や遅刻する場合は、必ず保護者の方が電話で教室へ知らせてください。【参考:時間割表(pdf)】